【参戦記録の作り方】ライブの思い出や感想をアップしよう!


音楽ライブSNSの『ライブマッチ』をいつもご利用いただきありがとうございます!
これまで、ライブマッチのメインの機能は「一人ぼっちでライブを見るのは不安だ…」「一緒に楽しむ仲間が欲しい」「余ったチケットをファンの人に譲りたい」といった人たちのためのマッチングサービスでした。その後マッチングに紐づくための新たな機能として「参戦記録」がスタート。音楽のプロフィールに加えて、参加したライブを共有することで、より趣味の合う仲間を増やすきっかけになるのではないかと考えています!この記事では参戦記録の使い方を簡単に解説いたします。

①ライブマッチをダウンロード

まずはここから始めましょう!現在ライブマッチはiOS版・Android版を提供しています。ただし、「参戦記録」機能はiOS版だけの機能となっていますのでご注意ください。Apple Storeから「ライブマッチ」と検索するか以下のURLからアプリをダウンロードしてください。

 

 

②ユーザー登録

参戦記録機能はユーザー登録(Twitterでログイン)をする必要があります。なお、ライブマッチではニックネームでの登録を推奨しているため、本名やプロフィールへの個人情報の書き込みはお控え頂きますようよろしくお願いいたします。

③参加する予定のライブや興味のあるライブのコミュニティを検索

ライブマッチではライブ1つ1つにページが存在し、それをコミュニティと呼んでいます。探し方は4通りあり、全てのライブ情報を探せる「オススメ」、募集中のライブのみを表示する「募集中」、一定数以上のユーザーが集まっている「人気」、キーワードで探せる「キーワード」となっています。コミュニティを開いたら是非お気に入りに登録してみてください。お気に入りにすることで、そのコミュニティで行われるトークが通知されるようになります。

④メニューの「参戦記録」をタップし写真を撮影

ここからは実際に「参戦記録」を使用する画面の説明になります。

メニュー一番右の『参戦記録』をタップするとカメラが立ち上がります。

そのままシャッターを押すか、「写真を選択」をタップすることですでに撮影した写真から選ぶことができます。写真を選択したら好みのフォントに変えてみましょう。画面上部の「Aa」ボタンを押すことでフォントを選ぶことができます。様々なフォントを収録しているのでぜひご利用ください。また「T」をタップすると会場名や公演名も編集できるので、全部英語で入力しておきたい、という時はこちらをご利用ください。写真の加工ができたら「完了」をタップすることで終了します。

⑤ライブの思い出を残しましょう

写真編集後に立ち上がるのはコメントの記入画面になります。この画面では参加したライブの思い出、感想を自由に書くことができます。文字数制限があるのでコンパクトにまとめましょう!私は当日こうなるだろうと妄想しながら書きました。楽しみで仕方がありません。

記入が終わったらTwitterへのシェアボタンを確認し、「記録する」をタップしてください。参戦記録のアニメーションが流れ、画面が閉じれば完了です!

【番外】特設サイトで確認

ライブマッチが公式でコラボレーションさせていただいているフェスティバルは特設ページを開設しています。他の人が撮った写真を見ながら余韻に浸りましょう!これまでのコラボレーションの実績としては「COMIN’KOBE 2017」や「FREEDOM NAGOYA 2017」があります。ぜひご覧ください。

 

また、自分のプロフィールとしても「参戦履歴」に残り、他のユーザーに自分がどのライブに参加したよということをアピールすることができます。実はあのライブも参加していた、え、私も参加してた!そんな会話がマッチングした後に生まれれば良いなと考えています。今日の日付以前のライブの参戦記録を作る場合には「マイページ」の「参戦履歴」から作ることが出来るので、是非今までに参加したライブを振り返り、記録をつけてみてください!

皆さんの熱い参戦記録をお待ちしております!せっかくたくさんライブぼっちが集まっているので、集合写真なども企画してみてはいかがでしょうか!

 

注意事項など

  • 参戦記録は1つのライブに1つしか作成できません。既に記録がある場合、上書きされてしまうのでご注意ください
  • 参戦記録を他のユーザーに公開したくない場合は「マイページ」→「設定」→「参戦記録」から参戦記録プライバシーモードをONにしてください
  • 公序良俗反する投稿や法令違反、その他運営が不適切と判断した投稿は事前の告知なしに削除します。また、場合によってはアカウントも凍結いたしますのでご理解をお願いいたします
  • 本企画へのお問合せはこちらのフォームからご連絡をお願いいたします

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で